家族で還暦祝いをお祝い

還暦祝いの時期・行事・贈り物について

還暦祝いの時期

還暦祝いとは満60歳の長寿を迎えたお祝いのことです。
昔は「数え年」で61歳になるお正月から節分の頃までにお祝いをしていましたが、現在では「満年齢」60歳で祝うことがほとんどです。

還暦祝いの時期は厳密には決まっていません。特別な日付指定はありませんので、いつお祝いするかは祝う側が決めることが多いようです。
候補の日としては、誕生日・お正月・お盆・ゴールデンウィーク・敬老の日などがあります。

誕生日は一番分かりやすい日です。60歳の誕生日に還暦祝いも一緒に行います。
お正月やお盆は家族や親戚が集まっての還暦祝い会を開催する場合に、みんなが集まりやすいのがメリットです。
ゴールデンウィークは大型連休のため、旅行を計画するのならぴったりです。
敬老の日も候補の一つですが、老人のイメージが強く嫌がる方もいらっしゃるので注意が必要です。

お盆にお祝い事をしても良いか心配される方もいらっしゃると思います。
お祝い事を避けるのは忌中や喪中の間なので、お盆に行う還暦祝いは何も問題ありません。

還暦祝いの行事

還暦祝いの正式な祝い方は決まっていません。
家族でお祝いしたり、職場でのお祝いが一般的です。

内容は食事会と贈り物が多いようです。
家族での食事会の場合はいつもより少しリッチな場所、年配の方が出席する場合には会席料理などが良いでしょう。

還暦祝いの贈り物

お祝い会の席で渡したり、特にそのような予定が無い場合にはプレゼントを贈ると良いでしょう。
プレゼントのみを贈る場合、お祝い会の日程設定が不要なところもメリットになります。

女性には身に付ける物や飾れる物が喜ばれ、高級素材のストールや花束が人気です。

赤い色は明るめだと洋服に合わせるのが難しい場合もありますので、落ち着いた赤系にするか、赤色に拘らず贈られる側の好みの色が良いでしょう。

花束は赤いバラの花束がとても素敵です。
予算に合わせて全部赤いバラにせずにバランス良く仕上げてもらったり、赤系統の花でまとめてもらうのも良いでしょう。

男性の場合はお酒を飲む方なら日本酒やワインが人気です。
赤色に拘るのなら赤ワインが良いでしょう。
ボトルに彫刻を行うサービスもありますので、名前やメッセージを刻めば特別感のあるプレゼントになります。
一緒にグラスを贈るのも素敵です。

その他には趣味に関係する物も人気があります。

もらって感動したという声も聞くので、男性にも花束は良いでしょう。

旅行券を贈れば、非日常をプレゼントすることもできます。
行き先は贈られた側が自由に選べるところも魅力です。

お祝い会の席で一緒に楽しめる贈り物としてはグルメがあります。
鯛やマグロの縁起の良い魚、ステーキやしゃぶしゃぶを用意して参加者全員で美味しくいただくのも良い思い出になります。

名入れ商品や、メッセージをプレゼントに刻印したオーダーメイド商品も思い出に残るプレゼントとしてお勧めです。
こちらのショップはそうしたオーダーメイド商品ばかりを集めているようです。
素敵な商品がありますので、参考にしてみてください。

還暦祝いプレゼントなら!お祝いギフト工房-還暦祝い店-

せっかく心のこもった贈り物をするのですから、喜んでもらえると嬉しいですよね。
身に付ける物の場合は特に好みがあるでしょうから欲しい物を相談して決めるのも良いでしょう。

まとめ

昔は寿命が短かったため、60歳といえば長寿でした。現在の60歳は見た目だけではなく体力的にも精神的にもとても若く、現役で働く方も多くいらっしゃいます。
還暦祝いを楽しみにしている方がいる一方で、老人扱いと感じて良く思わない方もいます。

お祝いする側の自己満足にならないように、お祝いされる側のことを一番に考えて、性格や考え方・生き方を考慮して祝い方や贈り物を選びたいですね。
双方が笑顔になる還暦祝いを目指しましょう。

※Wikipediaで「還暦」について調べる